Publications

■ 学位論文

  • Suzuki, W. (2018). Towards and Ecology of Cells: An Ethnography of iPS cell Research and Regenerative Medicine. Osaka University. 


■ 学術論文

  1. 鈴木和歌奈. (2013). 希望/期待から見る科学技術 (< 特集> 日本の未来の担い方). 研究 技術 計画, 28(2), 163-174.
  2. 鈴木和歌奈. (2014). iPS 細胞研究初期における期待の発生: 言説, 物質性, 実践のダイナミクス. 年報科学・技術・社会, 23, 1-30.
  3. Suzuki, W. (2015). The care of the cell: onomatopoeia and embodiment in a stem cell laboratory. Nature Culture, 3, 87-105.
  4. Suzuki, W. (2015). A single step toward a ‘good science’ of stem cell research. BioSocieties, 10(1), 108-111.
  5. Sleeboom-Faulkner, M., Chekar, C. K., Faulkner, A., Heitmeyer, C., Marouda, M., Rosemann, A., … & Zhang, X. (2016). Comparing national home-keeping and the regulation of translational stem cell applications: an international perspective. Social Science & Medicine, 153, 240-249.
  6. 鈴木, 和歌奈, 森田, 敦郎, & クラウセ,リウ・ニュラン. (2016). 人新世の時代における実験システム: 人間と他の生命との関係の再考へ向けて (総特集 人類学のゆくえ)–(人類学の 「存在論的転回」). 現代思想, 44(5), 202-213.
  7. Morita, A., & Suzuki, W. (2019). Being affected by sinking deltas: changing landscapes, resilience, and complex adaptive systems in the scientific story of the Anthropocene. Current Anthropology, 60(S20), S286-S295.
  8. SUZUKI, W. (2019). Capturing the Potentiality of Stem Cells. European Group for Organizational Studies Workshop, Online
  9. 鈴木和歌奈. (2020). 実験室から 「相互の係わりあい」 の民族誌へ: ポスト-アクターネットワーク理論の展開とダナ・ハラウェイに注目して. 年報科学・技術・社会, 29, 3-29.
  10. SUZUKI, W. (2021). Receiving the lives of laboratory animals: Chains of improvisation in the choreography of care in Japan. Social Studies of Science. https://doi.org/10.1177/03063127211010223


■ 分担執筆

  1. 鈴木和歌奈. (2017). 生命科学のラボでフィールドワークするー新聞記者と人類学者のあいだの経験. 椎野若菜, 福井幸太郎(編), 100万人のフィールドワーカーシリーズ, 第6巻 (マスメディアとの交話), 古今書院, 108-121.
  2. 鈴木和歌奈. (2020). 小文字の倫理―知ることとケアすること. 世界思想, 47, 16-21.
  3. 鈴木和歌奈. (2020). 科学技術の人類学:多様化する「科学技術の民族誌」. 藤垣裕子(編), 科学技術社会論の挑戦, 第3巻 (「つなぐ」「超える」「動く」の方法論), 東京大学出版会, 95-113.